OS 日本アイ・ビー・エム

誕生から30年--エコシステム強化で“統括部”立ちあげた「IBM i」の強み

「AS/400」が1988年に誕生して30周年となる「IBM i」事業戦略として日本IBMは1月付で“統括部”を立ちあげた。「垂直統合」という強みに加えてほかのシステムと連携する「水平対応」を強調している。

 日本IBMは3月15日に「IBM i」シリーズの新戦略を発表した。ユーザー企業を支援していくために、エコシステム強化などを担当する「IBM i統括部」を2018年1月付で新設。オフコンとカテゴリされていた時代から30周年を迎え、COBOLで書かれたプログラムなど過去資産を保護する姿勢と「IBM Watson」をはじめとした最新テクノロジと連携できる特徴をふまえ、広くiシリーズ活用を訴えていく。

 2018年は前身となるAS/400が1988年に登場してから30周年を迎える。

 専務執行役員でIBMシステムズ・ハードウェア事業本部長を務める武藤和博氏は「iシリーズの強みは、ハードウェア、OS、基幹データベース、基幹アプリケーションが垂直統合型で強固なセキュリティを保っている点。さらに、リアルタイムにWatsonやアプリケーションと連携できる水平対応ができる。この特性を生かしてお客さまを支援するエコシステムを強化していく」とビジネス拡大を進めていくとアピールした。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3122文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]