OS 日本アイ・ビー・エム

誕生から30年--エコシステム強化で“統括部”立ちあげた「IBM i」の強み

「AS/400」が1988年に誕生して30周年となる「IBM i」事業戦略として日本IBMは1月付で“統括部”を立ちあげた。「垂直統合」という強みに加えてほかのシステムと連携する「水平対応」を強調している。

 日本IBMは3月15日に「IBM i」シリーズの新戦略を発表した。ユーザー企業を支援していくために、エコシステム強化などを担当する「IBM i統括部」を2018年1月付で新設。オフコンとカテゴリされていた時代から30周年を迎え、COBOLで書かれたプログラムなど過去資産を保護する姿勢と「IBM Watson」をはじめとした最新テクノロジと連携できる特徴をふまえ、広くiシリーズ活用を訴えていく。

 2018年は前身となるAS/400が1988年に登場してから30周年を迎える。

 専務執行役員でIBMシステムズ・ハードウェア事業本部長を務める武藤和博氏は「iシリーズの強みは、ハードウェア、OS、基幹データベース、基幹アプリケーションが垂直統合型で強固なセキュリティを保っている点。さらに、リアルタイムにWatsonやアプリケーションと連携できる水平対応ができる。この特性を生かしてお客さまを支援するエコシステムを強化していく」とビジネス拡大を進めていくとアピールした。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3122文字 ログインして続きを読んでください。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]