運用 日立製作所

JP1/Automatic Job Management System 3:条件で内容が異なるジョブも自動化

ジョブ管理ソフトウェア「JP1/Automatic Job Management System 3」は、スケジュールを定義して計画通りに実行できるだけでなく、実行結果に応じて、その後実施する内容が動的に変わるようなジョブも自動化できる。

JP1/Automatic Job Management System 3のポイント

  • 深夜、休日に実行が必要な業務を自動化
  • 条件が必要な複雑な業務にも対応、ジョブの進捗や実績を見える化
  • さまざまなイベントの発生を契機に自動で実行可能

JP1/Automatic Job Management System 3の製品解説

 日立製作所の「JP1/Automatic Job Management System 3」はジョブ管理ソフトウェア。売上データの集計や給与の計算などのように、日時や周期のスケジュールを定義して計画通りに実行できるだけでなく、売上集計などのように変動する実行結果に応じて、その後実施する内容が動的に変わるような業務も自動化できる。

編集部おすすめの関連記事

 複数の処理(ジョブ)の実行順序関係をジョブネットとして定義できる。異常終了時にだけ実行するジョブやジョブネットも定義できる。毎日実行するジョブネットの中に週末だけ実行するジョブネットを定義するなど異なる処理サイクルのジョブネットを一つのジョブネットを集約できる。

 ジョブネットの実行日はカレンダーで、実行する開始時刻や処理サイクルなどはスケジュールルールで定義すると、自動的に実行スケジュールが算出される。カレンダーは実行日だけでなく、実行しない日も指定できる。

 業務に適用する前にジョブネットがスケジュール通りに正しく定義できているかどうか、運用中の業務の実行スケジュールを確認する画面と同じ画面で確認できる。日時や周期などのスケジュールを定義して計画通りに実行できるだけでなく、さまざまなイベントの発生を契機に自動で実行することもできる。

 例えば、メールの受信やファイルの作成、更新をきっかけに実行したり、ほかの複数のジョブが終了するのを待ってから次のジョブを実行できたりするため、さまざまなジョブを自動化できる。

 REST APIでPythonやRubyで開発したスクリプトや既存のシステムなどからもジョブを実行できる。業務サーバからウェブシステムを呼び出せるため、ウェブシステムでのジョブと基幹系システムでのジョブを一連のジョブとして自動化することもできる。

 ジョブが問題なく進んでいるか、全体の概況を直感的に確認できる。ジョブの実行進捗度、過去の実績から算出したジョブの終了予定時刻と残り時間も把握可能。ジョブネットの進捗状況、正常終了や実行、異常終了などの状態をチャートで確認したり、異常終了などの状態別にジョブネットを絞り込んで確認したりできる。

JP1/Automatic Job Management System 3のまとめ
用途と機能実行結果に応じて内容が動的に変わるジョブも自動化できるジョブ管理ソフトウェア
特徴複数のジョブの実行順序関係をジョブネットとして定義。さまざまなイベントの発生を契機に自動で実行。REST APIでPythonやRubyで開発したスクリプトや既存のシステムなどからも実行
税別価格View:5万円
Manager:27万円
Agent:20万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 企業の8割以上が“紙+手作業”で請求書を発送している実態が明らかに!効率化のアプローチを知る
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]