クラウドサービス

クラウド移行の道筋--想定される4つの段階と必要な対策

451 Researchはクラウド変革の行程モデルを発表した。インフラストラクチャのクラウド移行には重要な4つの段階があり、企業はその各段階で変化を迫られるという。

 企業は一足飛びでクラウドに移行しているように思えるかもしれないが、クラウドへの移行は実際のところはるかに複雑だ。451 Researchが米国時間3月6日に発表したクラウド変革の行程モデルによると、このプロセスには4つの重要な段階があるという。

 451 Researchはそれら4つの段階を文学作品になぞらえ、「Great Expectations」(大いなる遺産)、「Wuthering Heights」(嵐が丘)、「War and Peace」(戦争と平和)、「A Tale of Two Options」(二択物語)、「A Brave New World」(すばらしい新世界)と呼んでいる。企業がこれらの段階を進んでいくにつれて、ニーズや課題は変化していくはずだ。

 たとえば、451 Researchの「Voice of the Enterprise」レポートでは、企業がクラウドに移行するそもそもの主な動機として、38.8%の回答者がコスト節減を挙げている。だが、53.2%の回答者によると、クラウドへの移行を果たした後は、コストが最大の悩みになるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2293文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]