人事・労務

職場や人で異なる--日立が研究する“ハピネス度”から見える働き方の理想像

日立製作所が研究する、組織の活性度を示す基準の1つとして考え出された“ハピネス度”。ハピネス度が高い組織は、個人のチャレンジ精神と自律性に、チーム全体の挑戦的なムードが組み合わさり、業績にも好影響を及ぼすという。

 政府が主導する企業の働き方改革が進むなか、多くの企業が長時間労働の抑制と従業員の健康管理を目標に就業規則の見直しや勤怠管理を強化しているが、果たして残業時間を削減することだけが働き方改革と言えるのだろうか?

 2月15日に行われた、一般社団法人at Will Work主催のイベント「働き方を考えるカンファレンス2018 働くを定義∞する」において、このように問題提起したのは、日立製作所で主任研究員を務める辻聡美氏だ。辻氏は同社で人間行動の計測技術の研究に従事している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1401文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. オンプレミスと同じ発想ではダメ!可用性向上にはクラウドならではのアプローチが必要な理由とは?
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]