オフィスソフト セキュリティ

「LibreOffice 6」文書を「GnuPG」でデジタル署名するには

「LibreOffice 6」で作成した文書に「GnuPG」鍵でデジタル署名する方法を解説する。注意事項があるとはいえ、利用を検討する価値はある。

 The Document Foundationは先頃、ようやく「LibreOffice 6」をリリースした。LibreOffice 6では、PGPで文書に署名することができる。これにより、ウェブブラウザから証明書をインストールする面倒なプロセスを実行する必要がなくなった(このプロセスを実行しても、LibreOfficeに関する証明書の信頼性は、いくらよく見ても怪しげである)。その代わりに、「GNU Privacy Guard」(GnuPG)とローカルで生成されるGnuPG個人鍵を利用できるようになった。このプロセスは実際にはかなり簡単だが、必要なものを全てそろえる必要がある。

 本記事では、これをセットアップして、新たに生成されたGnuPG鍵で文書にデジタル署名する方法を紹介する。「elementary OS」で「パスワードと鍵」ツール(「Seahorse」)を使って、説明を進める。このプロセスはほかのプラットフォームでもほぼ同じだ。結局のところ、PGP鍵を生成するツールを見つければいいだけだ。「Windows」では「Gpg4win」、「macOS」では「GPG Suite」を使うといい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2148文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 企業の8割以上が“紙+手作業”で請求書を発送している実態が明らかに!効率化のアプローチを知る
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]