プロジェクト管理 開発

プロジェクトの要件収集--成功へと導く7つのステップ

要件収集はプロジェクトを効果的に進めるための基礎的な要素となる。ここでは、顧客の期待に添う成果物を得るための7つのステップを紹介する。

 要件収集はプロジェクトマネジメントの重要なプロセスだ。これがなければプロジェクトの目標を達成するのは不可能に等しい。要件を収集する過程で、顧客が指定した要件に基づいてチームの方向性が得られる。この記事では、プロジェクトを成功させ、顧客の期待に添う成果物を得るための7つのステップを紹介する。

1:プロジェクトのステークホルダーをすべて確認する

 最初のステップでは、主要なステークホルダー(利害関係者)を明らかにして、最終成果物への影響を特定する。最重要ステークホルダーは簡単に確認できるが、2番手、3番手のステークホルダーを忘れがちだ。このステップは極めて重要だ。まず、スポンサー、職務上のグループリーダー、チームメンバーたちとでブレーンストーミングを行い、考えうるステークホルダーをすべて割り出す。ここで見落としがあると、要件収集のプロセス、想定、関連する知見においてギャップが生まれ、最終的にプロジェクトの成果すべてをリスクにさらすおそれがある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1586文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. オンプレミスと同じ発想ではダメ!可用性向上にはクラウドならではのアプローチが必要な理由とは?
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]