運用 NEC

WebSAM IT Process Operations:実態を把握して実行できる手順書で作業を改善

運用改善支援ソフトウェア「WebSAM IT Process Operations」は、作業を記録して実態を可視化、「実行できる手順書」で改善していく。作業時間を短縮させることに加え、ミスや事故の防止にも活用できる。

WebSAM IT Process Operationsのポイント

  • 作業画面もキャプチャして作業の実態を記録
  • 記録された作業を集計、ランキングやグラフで表示
  • 自動実行ボタン付きの手順書を作成、管理サーバで共有

WebSAM IT Process Operationsの製品解説

 NECの「WebSAM IT Process Operations」は、「実行できる手順書」によって、作業時間の短縮をはじめ、オペレーションミスや運用事故も削減できる運用改善支援ソフトウェアだ。作業を記録して実態を把握、作業時間の短縮を図る。

編集部おすすめの関連記事

 作業の記録では、操作パネルで作業を選んで作業時間を記録する。システム名や作業コードなどの属性は選択形式で入力できる。作業時のマウスクリックやウィンドウの切り替えなどのタイミングで画面をキャプチャして作業実績に付与できる。操作内容を可視化するとともに作業報告書として活用できる。

 作業実績は参照、検索できる。作業名や作業者、タグ情報などさまざまな角度で作業実績を検索可能。ユーザーが定義した検索条件を保存可能、定例報告に必要な条件を設定しておくことで必要な実績を表示できる。

 記録された作業は、時間や回数などを集計して累計をランキングで表示。日や週、月の単位などで時系列で集計して時間での変化をグラフで表示できる。個人によって作業時間のバラツキのある作業を参照できる。作業者の稼働状況や作業の繁忙期も参照可能。

 作業時間の短縮では、自動実行ボタン付きの手順書を作成、共有する。手順を目で確認しながらボタンクリックで作業が自動実行される。実行対象はコマンドやスクリプトなどで起動できる。

 実行した作業は管理サーバに集約される。実施記録の検索や参照、一つの作業内での実行形式や実行時間、実行結果の詳細も可能。作成された手順書は、メンバー間で共有できる。手順書は、管理サーバとクライアント間でも同期可能であり、版管理に利用できる。

WebSAM IT Process Operationsのまとめ
用途と機能実行できる手順書で運用改善を支援するソフトウェア
特徴操作パネルで作業を選んで作業時間を記録。マウスクリックやウィンドウの切り替えなどのタイミングで画面を保存。記録された作業は、時間や回数などを集計して累計をランキングで表示。自動実行ボタン付きの手順書を作成、共有する
税別価格90万円~

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「運用」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]