PC

レノボ、教育向けChromebookを5月から発売--過剰スペック見直して低価格に

レノボ・ジャパンはChrome OSを搭載した教育市場向けChromebook「Lenovo 300e/500e」を5月から発売する。低価格デバイスで教育現場のICT化を推進していく。

 レノボ・ジャパンは3月13日、Chrome OSを搭載した教育市場向けChromebook「Lenovo 300e/500e」を発表した。5月からの発売を予定している。

 ファームファクタは「YOGA」を採用し、米国防総省が定める規格「MIL-STD-810G」に準拠するとともに、一般的な教室の机の高さを想定した75cmドロップテストの実施、防滴キーボードを搭載するなど堅牢性の高さが特徴だ。Lenovo 300e(想定税別価格:4万8000円前後)がエントリモデル、Lenovo 500e(同5万8000円前後)がハイエンドモデルに位置する。

 文部科学省がまとめたICT整備環境の推移を見ると、2005年3月時点で教育現場に導入されたPCは8.1人に1台。直近の2017年3月でも5.9人に1台という現状で、同省が2014年に打ち出した第2期教育振興基本計画にある「3.6人に1人」とはほど遠い状況だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2436文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]