クラウドストレージ Box Japan

クラウドストレージ「Box」に日本国内で完結するオプション--速度も向上

クラウドストレージ「Box」で日本国内にデータを保管してバックアップできるオプションサービス「Box Zones Japan」の提供を開始。「データを日本以外の場所に置くのは難しい」という声に対応した。

 Box Japanは、データ保管先を選択できる「Box Zones」の機能を拡張し、日本国内にデータを保管してバックアップできる「Box Zones Japan」の提供を3月13日に開始した。プライマリは東京のAmazon Web Services(AWS)、バックアップは大阪のMicrosoft Azureにデータを保存することで、日本国内でサービスが完結し、コンテンツのアップロード、ダウンロード速度も向上する。

 代表取締役社長の古市克典氏は、「これまで“Boxに興味はあるが、データを日本以外の場所に置くのは難しい”という官公庁、医療機関、金融系、大手製造業のお客さまを獲得することができる」と新サービスによってさらなる顧客拡大を狙う。

 Box Zonesは2016年6月に提供を開始したサービス。通常サービスが一度、本社がある米国を経由してデータ保存するのに対し、任意の地域内にデータを保管することで、パフォーマンス、レジデンシー、プライバシーを懸念するユーザー企業に対応する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1795文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]