コラボレーション クラウドサービス

Dropboxとセールスフォースによるアセット管理ソリューションと「Quip」統合

Dropboxとセールスフォースは米国時間3月9日、両社のパートナーシップを拡大することを明らかにした。

 DropboxとSalesforceは米国時間3月9日、両社のパートナーシップを拡大することを明らかにした。作業の合理化を促し、セールス、サービス、マーケティング、コマース分野にまたがってチームが協力するための新たな方法を構築する。Dropboxのブログ投稿によると、両社は「作業エクスペリエンスのあり方を変え、作業を妨げる障害をなくす新たなソリューションを構築する」計画だという。

 新たな提携拡大により、両社の顧客が利用する2つのプラットフォームの連携がさらに強化されると、米TechRepublicの姉妹サイトである米ZDNetは報じている。Dropboxのブログ投稿によると、最初の2つのイニシアチブは、従来のワークフローを変えずに生産性を向上できるよう、ユーザーを支援するのが目的だという。

 新たな統合により、DropboxとSalesforceの両ユーザーは、カタログやサービスマニュアルなどのデジタルアセットを扱う新たなツールが利用できるようになる。「Digital Asset Engagement」ソリューションにより、ユーザーは「Salesforce Commerce Cloud」や「Salesforce Marketing Cloud」内で、社内外からアクセスできる、パーソナライズされたフォルダを作成できる。この双方向のワークフローにより、最新のコンテンツが維持できると、同投稿は述べている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約822文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]