RPA Kofax Japan

2000件の業務を自動化--三菱東京UFJ銀も導入したRPAを提供するKofaxの本気度

RPAソフトなどを開発するKofax Japanは、2018年のビジネス戦略説明会を開催。三菱東京UFJ銀行は同社製RPAを導入して全部門で2000件以上の業務プロセスを自動化させていく。

 ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトウェア「Kofax Kapow(カポウ)」などを開発、提供するKofax Japanは3月12日、2018年のビジネス戦略説明会を開催した。同社はKapowのほかにビジネスプロセス管理(BPM)基盤ソフトウェア「Kofax TotalAgility」も提供している。

 米本社のソフトウェア&ソリューション・セールスでアジア太平洋日本地域を担当するシニアバイスプレジデントであるErrol Mascarenhas氏は「当社はレガシーシステムによって企業が直面する課題と顧客要望が求める体験の“ギャップ”を埋めるソリューションを持っている」と説明。KapowとTotalAgilityといった自社製品が企業の課題解決に役立つとアピールする。

 KapowとTotalAgilityは三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)と三菱東京UFJ銀行が採用を決めている。KapowはMUFGのほかに広島銀行や三井生命、アコムが採用している。Kofax製品を使っているのは、CitibankやHSBC、ING、JP Morgan Chase、BNP Paribas、Zurich、Allianzなどの金融、DaimlerやGeneral Motors、Audi、General Electric、Volkswagen、Fordなどの製造。BTやEmiratesなどでも活用されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2275文字 ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]