CRM 日本マイクロソフト

Dynamics 365 for Customer Service:SLAにも対応する顧客対応支援サービス

顧客対応支援サービス「Dynamics 365 for Customer Service」は、顧客とのすべてのやり取りに付加価値を与えるためのインテリジェンスを実装。パーソナライズされたニーズにも対応する。

Dynamics 365 for Customer Serviceのポイント

  • あらゆるチャネルやデバイスで顧客に対応
  • パーソナライズされたサービスを迅速に提供
  • すべてのやり取りを情報につなげる

Dynamics 365 for Customer Serviceの製品解説

 日本マイクロソフトの「Dynamics 365 for Customer Service」は、顧客からの問い合わせや作業依頼などを管理するクラウドサービス。あらゆるチャネル、あらゆるデバイスで顧客に対応する。

編集部おすすめの関連記事

 顧客からの問い合わせは、担当者が手動で入力する他に顧客からのメールで自動で作成したり、Twitterから情報で取り込んで作成したりできる。案件は、あらかじめ指定した条件に従って特定のチームや担当者に自動で割り当てられる。顧客との契約条件に応じて担当者を変更することも可能。

 保守契約などでサービス品質契約(SLA)を決めている場合は、「SLAタイマー」で問い合わせから対応、解決までの時間を自動で測定。担当責任者にアラートを出すなどでシステム上でSLAを管理する。

 サポート業務担当者が顧客と効率的に対応するための専用画面を搭載する。顧客対応に必要な情報を参照して、対応状況を更新できる。

 サポート部門の責任者がチームの対応状況を把握するダッシュボードも利用できる。優先的に対応すべき案件を見極めたり、担当者別の負荷状況を把握したりできる。

 アンケート調査による直接的なフィードバックの収集や、ディスカッションフォーラム、ソーシャルリスニングなどをサービス改善のきっかけとして活用できる。コンタクトセンターの運用などを分析して、サービスの改善に生かすこともできる。

 利用頻度の高いチャネルや増加傾向にある問題、必要なスキルなどの情報をもとに必要な人員やリソースを最適化できる機能も搭載している。

Dynamics 365 for Customer Serviceのまとめ
用途と機能あらゆるチャネル、あらゆるデバイスで顧客に活用できる顧客対応支援サービス
特徴顧客対応に必要な情報を参照して、対応状況を更新。案件は、あらかじめ指定した条件に従って特定のチームや担当者に自動で割り当て。問い合わせから対応、解決までの時間を自動で測定。担当責任者にアラートを出すなどでシステム上でSLAを管理
税別料金1ユーザーあたり月額1万330円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]