コラボレーション

「Microsoft Teams」にゲストアカウントを追加するには

「Microsoft Teams」のゲストアクセスが電子メールアドレスを持つあらゆるユーザーに拡大されている。ここでは、ゲストにMicrosoft Teamsへのアクセス権を付与する方法を解説する。

 Microsoftは「Slack」と競合するチャットベースのコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」を熱心に売り込んでいる。開発者プレビュー版で発見されたコードは、MicrosoftがTeamsをさらに魅力的なものにするために、同プラットフォームのフリーミアム版を計画している可能性を示唆する。そして今回、MicrosoftがTeamsのゲストアクセスを、電子メールアドレスを持つあらゆるユーザーに拡大したというニュースが飛び込んできた。

 現代の世界では、コラボレーションは企業のさまざまな境界線を越える。ほとんどの企業では、フリーランサーや請負業者、コンサルタントなど、一定期間雇われるプロフェッショナルが何らかの時点で関与する。それらのプロフェッショナルがデジタルコラボレーションに参加できることは、極めて重要である。

 「Azure Active Directory」管理者がセキュリティへの影響について心配する必要はない。ゲストアカウントは通常の「Active Directory」メンバーと全く同じように管理できるため、アクセスの制御が問題になることはないからだ。

 Microsoft Teamsにメンバーを追加するのは簡単だ。ただし、最初にAzure ADでその機能を有効にしておく必要がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1122文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. 幸せなA社と不幸なB社、天国と地獄を分けたのは1年前の決断だった!-中堅・中小企業のERP導入
  4. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]