ビッグデータ解析

ビッグデータに埋もれた「黄金」を掘り起こす--RDBから始める5つのステップ

ビッグデータプロジェクトを開始したはいいが、有益な情報をなかなか見つけ出せないという場合もある。まずはリレーショナルデータベースのデータから手を付けて、徐々にビッグデータを追加していくというアプローチを紹介する。

 ギリシャ神話に登場するイアーソーンは、既知の世界の果てを越えて、黄金の羊の毛皮を持ち帰るという難題を突き付けられた。彼は危険な海を渡り、竜や戦士と戦うことになる。

 データに埋もれた黄金を見つけ出すという企業の取り組みは、激しさという点ではイアーソーンの冒険に遠く及ばないが、かといって楽な作業というわけでもない。

 「ビッグデータプロジェクトが始まってから何年もたつというのに、ビッグデータに引きずり込まれたが何を探せばいいかよく分からない、と言ってくる企業がいまだにある」とデジタル変革とエンタープライズコンピューティングを専門とするコンサルティング企業SPRでチーフデータサイエンティストを務めるRoy Johnson氏は述べる。「そのような企業にビッグデータプロジェクトを始めた理由を尋ねてみると、追いかけるべきトレンドだと感じたから、という答えが返ってくる」(Johnson氏)

 Johnson氏によると、探しているビジネスの黄金が何なのか、しっかりと理解していない企業は、ビッグデータプロジェクトで成功するのは難しいという。「こうした企業は、探しているデータの種類はある程度理解していても、必要なスキルセットがないために、そのデータから黄金を『採掘』する難しさを甘く見てしまうことが多い」(Johnson氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2241文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]