モバイル

「Android P」開発者プレビュー版--AIやメッセージ関連の機能などを改良

グーグルは米国時間3月7日、同社モバイルOSの最新版「Android P」の開発者プレビューを正式にリリースした。同日付の公式ブログ投稿によると、Android Pには同プラットフォームの利便性を拡げる多数の新機能やAPIが含まれているという。

 Googleは米国時間3月7日、同社モバイルOSの最新版「Android P」の開発者プレビューを正式にリリースした。同日付の公式ブログ投稿によると、Android Pには同プラットフォームの利便性を拡げる多数の新機能やAPIが含まれているという。

 Android公式アプリを提供している組織は、この投稿に記されている新機能を把握し、組織内の開発者が同プレビュー版をインストールし、作業を始められるようにすべきだろう。そうすれば、Android Pが一般提供され次第、同OSを活用するアプリをより短期間でリリースできるようになる。

 まず、Android Pでは、「iPhone X」のようなノッチ(小さな切り欠き)にスマートフォンの画面で対応する。これは、Bloombergの記事がこれまでに伝えていた内容と合致している。上述のブログの投稿によると、新たな開発者向けオプションを使用することで、開発者はノッチがある設計をシミュレーションできるようになるという。「クリティカルな没入型コンテンツを扱っている場合は、新しいAPIを使って切り欠きの形状を確認し、その周囲を含め全画面のレイアウトを要求することもできる」と同ブログ投稿に記されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1398文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]