コミュニケーション 日本マイクロソフト

Microsoft Teams:映像や音声でもコミュニケーションできるチャットサービス

チャットサービス「Microsoft Teams」は、会議の進行中にファイルやアプリケーション、デスクトップの画面を共有できる。通話履歴や保留/再開、転送、などの電話機能も組み込まれている。

Microsoft Teamsのポイント

  • 会議の進行中にファイルやアプリケーション、デスクトップの画面を共有
  • 通話履歴や保留/再開、転送、内線の呼び出しなどの電話機能も可能
  • カスタマイズしてGitHubなどを統合、チャットボットも組み込める

Microsoft Teamsの製品解説

 日本マイクロソフトの「Microsoft Teams」は、社内での音声通話にも対応するチャットサービス。「Office 365」の一部として利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 1対1、グループでのチャットが可能。会議の進行中にファイルやアプリケーション、デスクトップの画面を共有できる。オンラインのSkype会議では、高精細映像やVoIP、ダイヤルイン電話会議などのオプションも利用できる。

 「Skype for Business」での通話履歴や保留/再開、転送、非通知発信、内線の呼び出しなどの電話機能も組み込まれている。2018年4~6月に社外の通信会社の電話回線を活用した電話サービスも利用できるようになる。

 Teamsに参加しているチームが必要とする全てのものにOffice 365の中から直接アクセスできる。Office 365のアプリケーションをTeamsから使えるようになっており、チャットでの会話、Officeのファイルをまとめて使える。

 カスタマイズして、GitHubやTrello、Visual Studioなどと統合できる。チャットボットを組み込むこともできる。

Microsoft Teamsのまとめ
用途と機能Office 365で利用できるチャットサービス
特徴会議の進行中にファイルやアプリケーション、デスクトップの画面を共有。通話履歴や保留/再開、転送、非通知発信、内線の呼び出しなどの電話機能も組み込まれている。Office 365のアプリケーションをTeamsから使える

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan