経費精算・旅費精算 コンカー

経費精算から“間接費改革”に脱皮するコンカーの事業戦略のキモ

経費精算サービスなどを提供するコンカーが事業を拡大させている。2018年の事業戦略では間接費改革に転換することを強調している。

 コンカーは3月6日、2018年の事業戦略説明会を開催。同社はオフィスを3月に銀座のGINZA SIXに移転している。

 代表取締役社長の三村真宗氏は、「これまで『経費精算のためのツールを提供する企業』というイメージだったが、これからは『間接費改革を実現する企業』へとイメージを刷新する。従業員数拡大にともない、GINZA SIXの新オフィスに移転したが、新オフィスでは間接経費改革実現を体現するものを目指した」と間接費改革を前面にアピールしていく方針を示した。

 2017年に新規に導入した企業は131社。NECやサントリー、シオノギ製薬など大手企業も多く、「時価総額トップ100企業のうち3社に1社に導入して頂いている」と順調に顧客数を拡大させている。

 累計導入企業数は710社となったが、「領収書電子化が規制緩和されたこと。働き方改革実践の際の具体策として導入されていること。InvoiceやTravelなど新製品の立ち上がりが順調なこと。中堅中小企業市場に本格参入したこと」の4点を好調の要因と説明している。

 2018年も好調なビジネスを続けるためのポイントが、間接費改革の実現を顧客に浸透させていくことと位置付ける。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1712文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]