クラウドサービス

「Microsoft 365」に米政府向けエディション--「Azure Stack」は「Azure Government」に対応へ

マイクロソフトは米国時間3月5日、「Microsoft 365 for US Government Cloud」と「Azure Stack on Azure Government」の一般提供とともに、同社の公共部門向けサービスに対するその他のアップデートを発表した。

 Microsoftは米国時間3月5日、ワシントンD.C.で開催された「Government Tech Summit」で「Microsoft 365 for US Government Cloud」と「Azure Stack on Azure Government」の一般提供とともに、同社の公共部門向けサービスに対するその他のアップデートを発表した。

 今回の一連の改良を明らかにしたプレスリリースによると、Microsoft 365ソリューションは、米政府のコンプライアンスおよびセキュリティ基準を満たすと同時に、最新のエクスペリエンスを提供することを目指しているという。この特別版には、米政府機関向け「Office 365」「Enterprise Mobility + Security」(EMS)、そして「Windows 10」がバンドルされる。

 Microsoftはまた、クラウドベースのMicrosoft 365に対し、セキュリティを付加価値として提案する。Microsoftは通常、政府機関より早くアップデートをプッシュできることから、同クラウド製品が投資回収率(ROI)を向上させ、データの保護効率を高めることが可能だと、別のプレスリリースは述べている

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1125文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan