運用 NEC

WebSAM IT Process Management:現場のノウハウを集約したITサービス管理支援

ITサービス管理支援ソフトウェア「WebSAM IT Process Management」は、ITILに準拠。インシデントや問題、変更、リリースの各管理ページで情報を入力、更新、参照などができる。

WebSAM IT Process Managementのポイント

  • インシデントや問題、変更、リリースの各段階で情報を入力、更新
  • 申請管理やスケジュール管理、インフラ構成管理などで支援
  • それぞれの管理プロセスの相関関係を一目で確認

WebSAM IT Process Managementの製品解説

 NECの「WebSAM IT Process Management」は、ベストプラクティスである“IT Infrastructure Library(ITIL)”に則った運用を「素早く始めて、すぐに効果を体感できる」ITサービス管理支援ソフトウェアだ。システム運用現場で培ったノウハウを蓄積している。

編集部おすすめの関連記事

 サービス管理機能のうち、インシデント管理から問題管理、変更管理、リリース管理までをそれぞれの管理ページとデータベースで情報を入力、更新、参照などができる。インシデント管理では、利用部門からの問い合わせや管理部門での検知をもとに新規のインシデントとして起票する。

 起票され受け付けられたインシデントを切り分ける。内容に応じてエスカレーション先を選択。既知のものあれば、エスカレーションせずに回答してインシデントは処理されることになる。

 エスカレーションされたインシデントは、担当するチームや部門で調査、復旧対応が進められる。対応状況は、適宜入力することで関係者間で履歴として共有される。対応履歴は内部だけで共有したり、問い合わせ元に公開したりできる。

 インシデントの根本的な原因を調査、特定する問題管理機能では、インシデント管理機能の処理終了時に問題管理チケットとして起票できる。原因を究明する部門に作業を依頼、調査作業の状況も対応履歴として時系列で共有される。

 問題の原因が特定され、解決するために現在のシステムに変更を加える場合は、変更管理機能を活用する。インシデントや問題とは切り離された、独立した変更要求(Request for Change:RFC)を新規で起票することもできる。

 RFCが起票されると、変更作業のタスクとして登録される。RFCに基づいて変更作業計画が承認され、変更とテストの各作業が完了すれば、リリース作業に移行する。

 これらのITIL管理機能を支援する機能としては、申請管理やスケジュール管理、文書管理、インフラ構成管理などの機能がある。各管理情報の関連性や遷移をイメージ化して、それぞれの管理プロセスの相関関係を一目で確認できるITIL情報連携図も利用できる。

WebSAM IT Process Managementの画面(出典:NEC)
WebSAM IT Process Managementの画面(出典:NEC)
WebSAM IT Process Managementのまとめ
用途と機能ITILに準拠したITサービス管理支援ソフトウェア
特徴200を超える業種や業務の実際の運用現場で活用され、磨かれた機能とテンプレートを活用。テンプレート活用で導入時の設計&設定を最小限に
税別料金基本パック:50万円(5ユーザー分のライセンス含む)

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]