PC

デスクトップを整理して効率アップ--専門家が推奨する「デスクトップゼロ」実現のヒント

コンピュータのデスクトップは、あらゆるものの置き場所になってしまいがちだ。デスクトップが乱雑だと、作業中に気が散ったり、必要なものをすぐに見つけられなかったりすることがある。ここでは、デスクトップをきれいな状態に保つための7つの方法を紹介する。

 電子メールの受信トレイと同じように、コンピュータのデスクトップもあらゆるものの置き場所になってしまいがちだ。それが文書であれ、スクリーンショットであれ、コンピュータプログラムであれ、瞬時にアクセスする必要もないのに、あらゆるもののアイコンがデスクトップ上に散乱してしまうことがある。

 画面上にあまりにも多くのものが散乱していると、ストレスの原因になることもある。Bynderが先頃実施した調査によると、プロフェッショナルの30%はデスクトップに100個以上のファイルを保存しているという。デスクトップが乱雑な状態だと、作業中に気が散ったり、必要なものをすぐに見つけるのが困難になったりすることがある、と複数のプロフェッショナルが述べた。

 EducatedDriver.orgの編集主任のAlex Lauderdale氏は、「散らかったオフィスと同様、散らかったコンピュータデスクトップは不安を生み出し、仕事の遂行を困難にすることがある」と述べた。

 インボックスゼロ(メインの受信トレイを空っぽの状態に維持すること)の概念と同様、コンピュータの画面を完全にきれいな状態に保とうと努力することは、さまざまなものが整理された状態を維持し、なおかつユーザーの気を散らす可能性がある要素を最小限に抑えるのに効果を発揮する。

 本記事では、デスクトップゼロを実現する7つの方法を紹介する。これらは、この概念を実践する生産性の専門家やプロフェッショナルが推奨している方法だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1887文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]