運用管理 資産管理 富士通

Systemwalker Centric Manager:データセンター全体をライフサイクルで管理

「Systemwalker Centric Manager」は運用管理と資産管理の機能を統合。データセンター全体をライフサイクルで管理できる。

Systemwalker Centric Managerのポイント

  • 運用管理での一般的な機能を搭載
  • パブリッククラウドの状況も単一コンソールで管理
  • ハードとソフトの情報を毎日自動で更新

Systemwalker Centric Managerの製品解説

 富士通の「Systemwalker Centric Manager」は、システムの運用管理に資産管理の機能を統合したソフトウェア。データセンター全体をライフサイクルで管理する。

編集部おすすめの関連記事

 ネットワークに接続されたシステムやネットワーク機器を自動で検出、ハードウェアやソフトウェアの構成情報(インベントリ情報)を収集する。導入から監視、復旧などの運用管理操作はメインコンソールで担う。

 監視するための環境設定やシステム稼働要件を集中管理して管理対象サーバやクライアントに配付、適用する。特定のネットワーク機器やイベントに対して、ポリシーの簡易設定画面で監視項目と監視対象を選ぶことで基本的な監視を始められる。

 サーバ/クライアント(C/S)で使用するアプリケーションやデータ、ウイルスの定義ファイルなどを運用管理サーバで集中管理してC/Sに配付できる。

 インベントリ管理やイベント監視、リモートコマンド、ログファイル監視、アプリケーション監視、サーバ性能監視といった一般的な機能を搭載している。イベントの発生数や一定期間での発生傾向、システムグループごとの発生傾向などの発生状況を単一画面で監視できる。

 システムグループ単位での監視から障害が発生したサーバやノードまでドリルダウンして表示できる。エラーが発生した機器のインベントリ情報や契約情報といった保守情報を確認できる。監視対象の業務サーバは、OSごとで異なるがインストールレスで監視できる。

 オンプレミスでのWindows ServerやLinux、UNIXに加えて、Amazon Web ServicesやMicrsoft Azureといったパブリッククラウドも一つのコンソールで管理できる。

 業務管理者は、特定の監視ノードやアプリケーションの集まりなどの範囲に限定して異常監視、監視定義できる。インフラの監視業務では、センター管理者に集約できる。プライベートクラウド環境で複数の運用管理サーバを運用している場合、運用管理サーバを集約できる。

 資産管理では、ハードウェアやソフトウェアの情報を毎日、自動で更新する。常に最新の資産管理台帳を持つことでサーバやネットワーク機器の棚卸しができる。

 スマートデバイスのハードウェアやソフトウェアも自動で収集して、サーバと同じ資産管理台帳として一元管理できる。保有する資産の稼働状況や契約状況、棚卸状況、ライセンス使用状況をレポートとして出力できる。Excel形式で出力することで報告レポートとしても活用できる。

 LiteとStandard、Enterprise、Global Enterpriseの4つのエディションがある。LiteはWindows Serverのみ。それ以外は、Windows Serverに加えてLinuxとSolarisに対応している。

Systemwalker Centric Managerのまとめ
用途と機能運用管理に資産管理の機能を統合
特徴導入から監視、復旧などの運用管理操作はメインコンソールで担う。イベントの発生数や一定期間での発生傾向、システムグループごとの発生傾向などの発生状況を単一画面で監視。システムグループ単位での監視から障害が発生したサーバやノードまでドリルダウンして表示。ハードウェアやソフトウェアの情報を毎日、自動で更新
税別価格 Lite:29万5700円~
Standard
Windows Server/Linux:59万1600円~
Solaris:88万7500円~
Enterprise
Windows Server/Linux:118万3200円~
Solaris:177万5000円~
Global Enterprise
Windows Server/Linux:1183万3200円~
Solaris:828万3200円~

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]