クラウドサービス

「Google Sites」でウェブページを簡単作成--動画の共有と公開範囲の設定

「Google Sites」を利用すれば、簡単にウェブページを作成して共有することができる。ここでは、同サービスで動画を共有する方法および公開範囲を設定する方法を解説する。

 「Google Sites」を利用すれば、簡単にウェブページを作成して共有することができる。筆者は、さまざまな組織が一般向けの製品およびサービス情報、内部の従業員のコミュニケーション、トレーニングにSitesを利用する事例を見てきた。人々が動画を使って、何かの仕組みを示したり、プロジェクトステータスのアップデートにちょっとした人間性を加味したりする事例を目にすることも増えている。

 新しいGoogle Sitesは、Googleの所有するソースだけでなく、ほかの動画サービスの動画も共有できる機能を提供する。さらに、ページの公開範囲をより細かく指定できるようになった。本記事では、ユーザーが知っておくべき3つのことを紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1138文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan