クラウドサービス

「Google Sites」でウェブページを簡単作成--動画の共有と公開範囲の設定

「Google Sites」を利用すれば、簡単にウェブページを作成して共有することができる。ここでは、同サービスで動画を共有する方法および公開範囲を設定する方法を解説する。

 「Google Sites」を利用すれば、簡単にウェブページを作成して共有することができる。筆者は、さまざまな組織が一般向けの製品およびサービス情報、内部の従業員のコミュニケーション、トレーニングにSitesを利用する事例を見てきた。人々が動画を使って、何かの仕組みを示したり、プロジェクトステータスのアップデートにちょっとした人間性を加味したりする事例を目にすることも増えている。

 新しいGoogle Sitesは、Googleの所有するソースだけでなく、ほかの動画サービスの動画も共有できる機能を提供する。さらに、ページの公開範囲をより細かく指定できるようになった。本記事では、ユーザーが知っておくべき3つのことを紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1138文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]