コミュニケーション メタバーズ

Botbird for Business:スマートスピーカにも対応するチャットボットサービス

チャットボット開発サービス「Botbird for Business」は、プログラミングせずに使える。メッセージングサービスに加えてスマートスピーカにも対応する。複数の会話シナリオでの目標達成効果も比較できる。

Botbird for Businessのポイント

  • LINEやFacebookなどに加えてGoogle HomeやAmazon Echoにも対応
  • 社内システムやAIと連携した会話システムを構築可能
  • 複数の会話シナリオで目標達成効果を比較

Botbird for Businessの製品解説

 メタバーズの「Botbird for Business」は、プログラミングせずに使える、クラウド型のチャットボット開発サービス。システムと会話コンテンツを分離して管理するため、プログラミングせずに管理、運用できる。

編集部おすすめの関連記事

 対応するプラットフォームはメッセージングサービスのLINEやFacebook Messenger、Skype、Skype for Businessに加えてスマートスピーカのGoogle Home、Amazon Echo(Alexa)、チャットサービスのSlack。Twitterにも対応し、独自のウェブサイトやアプリケーション、メール、クラウド電話APIサービスのTwilioなどにも対応する。

 会話履歴に応じた情報発信、双方向の会話、複雑なシナリオ会話、社内システムや人工知能と連携したチャットボットやスマートスピーカーアプリ(スキル/アクション)を構築できる。ユーザー数や会話数などの統計アナリティクス機能は、機械学習による返信や表現のゆらぎにも対応している。

 また、複数の会話シナリオでの目標達成(コンバージョン)効果を比較する統計解析機能、利用中のシステムに合わせて柔軟な情報連携による会話構築が可能なシステム連動も特徴となっている。

 プランは「BASIC(無料)」「SILVER」「GOLD」「ENTERPRISE」の4種類から選択が可能だ。SILVERは、BASICの機能に加えシナリオ返信や機械学習、ゆらぎ表現対応などの機能が利用できる。

 GOLDは、SILVERの機能に加えて詳細な統計解析やログ取得などが含まれる。ENTERPRISEは、シナリオ作成からユーザー企業とのシステム接続、コンサルティングを提供する。

Botbird for Businessのまとめ
用途と機能プログラミングせずに使える、クラウド型のチャットボット開発サービス
特徴メッセージングサービスやスマートスピーカに対応。機械学習による返信や表現のゆらぎにも対応。複数の会話シナリオでの目標達成効果を比較する
税別料金初期費用/月額費用
BASIC:0円/0円
SILVER:0円/1万800円
GOLD:32万4000円/5万4000円
ENTERPRISE:別途見積

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]