コラボレーション

グーグル「Hangouts Chat」が一般提供--「Docs」「Calendar」にはAI活用の新機能

グーグルは、「G Suite」のサービスの1つとして、「Hangouts Chat」の一般提供を開始した。また、「Docs」と「Calendar」のインテリジェント機能に関するいくつかのアップデートも発表した。

 Googleは、「G Suite」のサービスの1つとして、「Hangouts Chat」の一般提供を開始した。同社が米国時間2月28日付のブログ投稿で発表した。Googleは、このリリースと併せて、「Docs」と「Calendar」のインテリジェント機能に関するいくつかのアップデートも発表した。これは、プロフェッショナルユーザーの利便性を向上させることが狙いだ。

 Hangouts Chatは「Slack」と同じく、チーム作業における電子メールへの依存を減らすための、エンタープライズ向けコミュニケーションツールだ。Hangouts Chatはグループチャットやダイレクトメッセージに加え、チームやプロジェクトごとに作られた「仮想ルーム」の内部ですべてのやりとりが完結するスレッド式の会話などの機能を備える。

 Hangouts Chatは、当初「Early Adopter Program」を通じてリリースされていた。それがついに、G Suiteの全ユーザーが使用できるようになった。チャットは28言語をサポートし、最大8000人までの組織に対応できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約801文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]