運用

My-ope office:話しかけながら会話の内容を教えられるチャットボット

チャットボットシステム「My-ope office」は人に代わって社内問い合わせに対応するチャットボットを開発、運用する。話しかけながら会話の内容を教えていく。問い合わせを支援する機能も備える。

My-ope officeのポイント

  • チャットボットに話しかけながら会話の内容を教える
  • ルールベースの対話データは、CSVファイルで一括管理
  • 質問があいまいな場合に該当する可能性の高い質問の候補を自動表示

My-ope officeの製品解説

 mofmofの「My-ope office(マイオペオフィス)」は、人に代わって社内問い合わせに対応するチャットボットを開発、運用できるクラウドベースのシステム。書類の所在やPCのトラブルなど、企業内の問い合わせ業務を年中無休で対応するチャットボットを作ることができるため、業務効率を向上させ、人件費を削減することができる。

編集部おすすめの関連記事

 直感的な対話学習ユーザーインターフェース(UI)を搭載しており、チャットボットに話しかけながら会話の内容を教えていくことができるため、誰でも簡単にボットを育てられる。ルールベースの対話データは、CSVファイルで一括管理できる。

 対話定義はアップロードするだけでスピーディーにメンテナンスできる。対話データを可視化するツリービューも用意されており、全体像を俯瞰的に把握でき、シンプルに対話の流れを構築することが可能だ。

 どのように質問すればよいかわからない場合のために、問い合わせサジェスト機能を搭載する。質問があいまいな場合に、該当する可能性の高い質問の候補を自動的に一覧表示することで、問い合わせを支援する。

 問い合わせ者とチャットボットの対話は、履歴を閲覧できる。チャットボットが参考になる回答をしたかどうかを評価するグッド/バッドボタンを搭載しており、問い合わせ者からの評価も確認することが可能だ。

 社内からのアクセスのみを許可することができ、第三者からのアクセスを防止できるドメイン制限機能も備えており、セキュアな運用が可能になっている。


社内ヘルプデスクのボットに社員証を紛失した時の対応を質問するデモ(出典:mofmof)
My-ope officeのまとめ
用途と機能社内問い合わせに対応するチャットボットを開発、運用できるクラウドベースのシステム
特徴チャットボットに話しかけながら会話の内容を教える。ルールベースの対話データは、CSVファイルで一括管理。質問があいまいな場合に、該当する可能性の高い質問の候補を自動的に一覧表示
税別価格初期費用:16万円、月額:12万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]