AI・機械学習

「Facebook Messenger」の企業向け機能がアップデート--顧客チャットの利用がより容易に

「Facebook Messenger」のエンタープライズ向け機能が新しくなった。企業の顧客サービスでチャットボットが使いやすくなる。Facebookが米国時間2月27日に明らかにした。

 「Facebook Messenger」のエンタープライズ向け機能が新しくなった。企業の顧客サービスでチャットボットが使いやすくなる。Facebookが米国時間2月27日に明らかにした。

 プレスリリースによると、新たな機能には、顧客向けチャットのさらなるカスタマイズ、顧客と企業の情報共有を容易にするためのクイックリプライオプションなどが含まれるという。今回のアップデートは、チャットボットの人気が高まる中、Messengerの顧客チャット機能が持つ小売り業向けツールとしての価値を高める可能性がある。

 Facebookが顧客チャット機能をリリースしたのは2017年11月のことだ。これにより、顧客が企業のFacebookページから独自のウェブサイトへに切り替えても、会話履歴を維持したままでMessengerを使い続けることができる。同機能はプラットフォーム全体で顧客の追跡プロセスを合理化する狙いがある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約643文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  4. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]