人事・労務

キャリアは特定スキルだけでは築けない--挑戦と失敗を経験できる場が必要

人材をいかに育てるか――。古くて新しい課題だが、現在にあった育成策を見つけようと企業の現場では模索が続いている。「専門性というのはいつまで続くかわからない。そこで、企業人事も別の分野でも対応できる潜在能力をいかに見出すか? という視点に変わってきている」という。

 グローバル化をはじめ、人口減少による内需縮小など、ビジネスを取り巻く環境が変化する中、企業の成長を支えるには、人材の育成が経営の最重要戦略のひとつとなっている。そこで、企業側は従業員が自律して働くことができ、個々人に合ったキャリア形成が可能な環境を提供することがこれまで以上に求められている。特に“ミレニアル世代”と呼ばれる従業員の人材育成は重要課題とも言える。

 2月14日に行われたコーナーストーンオンデマンドジャパン主催のイベント「グローバルタレントマネジメントフォーラム2018」では、企業の人材育成に関わる企業担当者や識者3人が出席し、「ビジネスを牽引するための教育のあり方、成長企業の人財育成」をテーマに意見を交換し合った。

 モデレーター役を務めた、コーナーストーンオンデマンドジャパンの代表取締役でカントリーゼネラルマネージャーである飯島淳一氏からの最初の質問は、「ミレニアム世代に対してどう働きかけをしていくべきか?」。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2072文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]