コミュニケーション

SwingBot:LINEやSlackでメール送受信、タスク管理が可能なチャットボット

チャットボット「SwingBot」は、LINEやSlackのチャット上から直接メールの送受信やタスク管理が可能。携帯キャリアメールを含む幅広いメールシステムに対応。重要メールを自動判別して通知する機能も備える。

SwingBotのポイント

  • メール送受信、タスク管理をLINEやSlackで対応
  • 重要メールを自動判別して通知
  • GmailやOffice 365などのメールに対応、携帯キャリアメールにも対応

SwingBotの製品解説

 BHIの「SwingBot」は、メールの送受信、タスク管理などをLINEやSlackでできるチャットボットだ。LINE版、Slack版がそれぞれ用意されており、いずれもウェブで登録する際に連携させるメールシステムを選択すれば、無料で利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 チャットはTwitter DMと連携して行える。また、メールについてはGmail、iCloudメール、Yahooメール、Hotmail/Outlook、Office 365などとの連携が可能で、docomoやソフトバンク、EZwebといった携帯キャリアメールでも利用できる。

 メールを受信した際は、チャットボットがLINEで通知し、LINEで直接メールを受信できるが、返信もそのままメールアプリに移動せず行える。また、重要度の高いメールを自動的に判別して通知する機能も備えており、重要メールのみを通知するように設定することも可能だ。

 タスク管理機能では、GoogleとiCloudのカレンダー、Googleタスク、iCloudリマインダーといったタスク管理サービスと連携できる。チャットでタスクを追加することも可能だ。「今日の予定は?」などの質問に対してチャットアプリがやるべき順番を決めて回答する機能も備えている。

 同社のメールアプリ「Swingmail」やタスクアプリ「Swingdo」など「Swing!」シリーズと連携して動作し、天気などの情報を受け取ることも可能で、今後はニュースや配達通知などもSwingBotで受け取れるようになる予定だ。

SwingBotのまとめ
用途と機能LINEやSlackから直接メール送受信やタスク管理が可能なチャットボット
特徴携帯キャリアメールを含む幅広いメールシステムに対応、チャット上からメールの受信だけでなく返信も可能。重要メールを自動判別して通知する機能も備える
税別価格無料

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]