コンバージド・ハイパーコンバージド

ハイパーコンバージドインフラストラクチャとは--業界アナリストに聞く重要性

ベンダー各社がこぞってハイパーコンバージドインフラストラクチャを売り込んでいる。この注目の製品の定義や重要性について、業界アナリストに聞いた。

 大手ソフトウェア企業と1時間以上話をしていたら、「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」(HCI)というバズワードが出てくるはずだ。しかし、HCIとはどのようなものなのだろうか。なぜ注目すべきなのか。業界アナリストのZeus Kerravala氏が、Q&A形式のインタビューで説明してくれた。米TechRepublicは、あえて懐疑的な質問をしている。

--ハイパーコンバージドインフラストラクチャとは何なのか、理解しているつもりではありますが、どのようなものか説明してもらえますか。

Kerravala氏:ある意味で奇妙な用語です。このテクノロジが登場したときには、コンバージドインフラストラクチャ(ソフトウェアの側面はない)の市場は既に存在していました。ハイパーコンバージドプラットフォームはターンキー製品であり、独立した小規模データセンターをボックス内で運用するために必要なハードウェアとソフトウェアがすべて含まれています。データセンターインフラストラクチャの運用について考えてみると、購入する側には選択肢が豊富にあります。Ciscoのネットワーク、EMCのストレージ、Dellのコンピュータという標準的な組み合わせを使用する場合、構成は800種類以上になります。(HCIでは)大変な作業はすべてベンダーが担ってきました。プラグアンドプレイではありません。これはデータセンターテクノロジなので、何もプラグアンドプレイにはならないでしょう。しかし、これらの導入にかかる時間は日単位だという話を顧客から聞きました。一方、すべてを自前で組み合わせようとしたら、月単位の時間がかかるそうです。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1940文字 ログインして続きを読んでください。

「コンバージド・ハイパーコンバージド」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]