オフィスソフト

「Excel」の「データの入力規則」機能を使う--日付を指定する4つの方法

「Excel」の「データの入力規則」機能は、十分に活用されていない。日付が関係している場合は特にそうであるが、多用途に使えることに多くのユーザーが気づいていないからだ。ここでは、データの入力規則機能を利用して日付を表す4通りの方法を解説する。

 「Excel」の「データの入力規則」機能は、十分に活用されていない。日付が関係している場合は特にそうであるが、多用途に使えることに多くのユーザーが気づいていないからだ。日付は物事を複雑にするように思えるが、それは思い込みだ!この機能は日付をうまく処理してくれる。データの入力規則機能を利用して日付を表すには、リテラル値、入力値、リスト、数式の4通りの方法がある。

 筆者は64ビット版「Windows 10」でデスクトップ版「Excel 2016」を使用している。みなさんの手持ちのデータで作業してもいいし、.xlsx形式や.xls形式のデモファイルをダウンロードしてもいい。メニューバージョンはテーブルオブジェクトに対応していないので、3で紹介する方法は.xls形式のファイルで実行できない。ブラウザバージョンは、すでに設定済みの入力規則なら扱えるが、ブラウザで新たに設定したり修正したりすることはできない。

1:最も簡単な方法

 リテラル値の日付を利用するのは、入力規則を設定して、入力できる日付の範囲を制限する最も簡単な方法だ。以下の要領で、条件に合う最初の日付と最後の日付を入力するだけでいい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2688文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]