AI・機械学習 VR・AR

「IBM Watson Unity SDK」がリリース--AIとUnityアプリケーションの統合が容易に

IBMとUnityは米国時間2月20日、「IBM Watson Unity SDK」を「Unity Asset Store」上で提供開始した。

 IBMとUnityは米国時間2月20日、「IBM Watson Unity SDK」を「Unity Asset Store」上で提供開始した。これにより、開発者はWatsonのクラウドサービスに加えて、視覚認識、音声文字入力、言語分類などの人工知能(AI)技術をUnityアプリケーションに容易に統合できるようになる。

 Unityのプロダクトマーケティングマネージャーを務めるNathan Ventura氏のブログ投稿によると、今回リリースしたSDKは、スケーラブルなAIサービスをUnityにもたらすためのもので、この種の資産としては初めてだという。同時に、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)アプリケーションを同社にもたらす上でも、新たな一歩となる。

 ARやVRの導入が有望視されている法人向けのユースケースには、従業員研修プログラムや現地作業などがある。従業員研修プログラムでは、仮想環境で危険を伴う作業の仕方を学ぶ。一方、作業現場では、従業員がオブジェクトにスマートフォンをかざすか、スマートメガネを着用することで、修理が必要かどうかを判断する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約872文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. アプリプロジェクトを成功させるには?マーケターが把握しておきたいアプリ企画~開発まで

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]