コラボレーション クラウドサービス

MS「SharePoint」使い方のヒント--複数の「OneDrive」が起動する問題の解決にトライ

「Microsoft SharePoint」は便利なコラボレーションツールだが、マシンが不安定になったり、起動に時間がかかったりしている場合は、複数の「OneDrive」が実行されている可能性がある。本記事ではこの問題の解決を試みる。

 「Microsoft SharePoint」を使用すれば、チームの中心となる場所を作成し、そこでチームメンバーがドキュメントなどの重要なタスクに関して共同作業を実施できる。このツールを使用することの大きな利点の1つが、ファイルの同期だ。SharePointフォルダ内のドキュメントやそのほかのファイルに変更が施されると、それはクラウドとそのサーバに接続されたほかの全てのデバイスに同期される。この重要な機能は、「Microsoft OneDrive」を制御しているのと同じ同期アプリケーションによって実行される。

 あいにく、OneDrive同期アプリには複数のバージョンが存在する。このことが、不要な混乱を引き起こすことがある。多くのユーザーはそれにいら立ちを感じるはずだ。「Microsoft Office 365」のサブスクライバーには、独自のバージョンのOneDriveが提供されるのに対し、「Office 2016」のスタンドアロン版を購入した人は、多くの場合、「OneDrive for Business」として知られるバージョンを使用している。Microsoftは先頃、混乱をいくらか抑えようと、この同期ソフトウェアを1つのバージョンのOneDriveに統合することを決定した。

 しかし、単一バージョンのOneDriveへの移行は、控えめに言っても、円滑には進んでおらず、そのことがさらなる混乱や不満を引き起こしている。図Aを見ると分かるように、筆者はいつの間にかOffice 365版OneDriveとOneDrive for Businessの両方を同時に実行していた。それによって、マシンがひどく不安定になったり、起動に時間がかかったりして、全体的に頭痛の種となった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2417文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]