マーケティング

Marin Social:デバイス横断で顧客にリーチできる広告管理基盤

「Marin Social」は、デバイスを横断して時間や場所を問わず顧客にリーチできるクロスチャネルマーケティングを支援するプラットフォーム。複数のチャネルやデバイスを横断する広告を管理、分析できる。

Marin Socialのポイント

  • 地域限定プロモーションで広告をカスタマイズ
  • デバイスやモバイルアドエクスチェンジを横断した違いを把握
  • デジタル広告と実店舗の売り上げの関連性も可視化

Marin Socialの製品解説

 Marin Softwareの「Marin Social」は、デバイスを横断して時間や場所を問わず顧客にリーチできるクロスチャネルマーケティングを支援するプラットフォームだ。

編集部おすすめの関連記事

 複数のチャネルを通して、複数のデバイスを横断して顧客につながっている広告に対し、必要な管理や分析を提供。顧客がどのようなデバイスを使っていたとしても、同一のメッセージングや体験とともにオーディエンスを簡単にターゲティングし、コンバージョン増加を図ることができる。

 地域限定プロモーションで広告をカスタマイズできる。顧客は店舗に向かう途中や店舗の中で、商品レビューや価格をチェックすることがあるが、Marin Socialでは地域限定プロモーション向けにカスタマイズされたメッセージとともに、購買を決めるにあたり、極めて重要なこうした場面で顧客にリーチすることが可能。関連性の高い広告がより多くのコンバージョンにつながり、プロモーションに成功を導いてくれる。

 異なったモバイル向け広告タイプを最適化できる。PCやスマートフォン、タブレットで顧客行動は変化するが、デバイスやモバイルアドエクスチェンジを横断した違いを把握できる。

 特定の広告タイプごとにインテリジェントにキャンペーンを管理できるほか、Click-to-Callオプションや地図、アプリインストールなど多彩な機能でエンゲージメントを増加させられる。

 デジタル広告と実店舗の売り上げの関連性も可視化できる。現在、オンラインとオフラインコマースの境界は崩れかけており、多くのマーケターはより信頼できるオンライン・オフラインのアトリビューションモデルを必要としている。

 モバイル広告プラットフォームとしてMarin Socialを活用することで、コンバージョンがオンライン、コールセンター、もしくは実店舗のいずれで発生したかについて、場所やチャネルごとにレポートを取得し、パフォーマンス向上のために最適化できる。

Marin Socialのまとめ
用途と機能複数のチャネルやデバイスを横断する広告を管理、分析できるプラットフォーム
特徴地域限定プロモーションで広告をカスタマイズ。デジタル広告と実店舗の売り上げの関連性も可視化可能。異なったモバイル向け広告タイプを最適化できる

「マーケティング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]