人事・労務 サイボウズ

働き方改革は“名ばかり”改革、改善策も現場任せ--ストレス感じる中間管理職

2017年2月から始まったプレミアムフライデーを覚えているだろうか。働き方改革と連動することで注目されているが、果たして日本企業の働き方改革は、業務の現場にどんな影響を与えているのだろうか。

 今週金曜日(2月23日)で「プレミアムフライデー」が1年になる。“プレ金”とも呼ばれるプレミアムフライデーは、昨年の2月24日から始まった、政府と経済団体連合会(経団連)などが中心となって進めている個人消費喚起キャンペーン。

 月末の金曜日の午後3時に仕事を終えることを奨励することから、やはり政府が進めている“働き方改革”と連動することからも注目を集めた。プレ金1年を受けてサイボウズは、中間管理職の男女500人を対象に働き方改革の実態を調査。2月20日に結果を発表した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1153文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]