データ保護 IRM 情報漏えい対策 日本マイクロソフト

Azure Information Protection:社外での共有データを管理、無効化も可能

データ保護サービス「Azure Information Protection」は、社外で共有されるデータを管理する。暗号化され、必要に応じて使用権限を定義できる。共有されるデータを追跡し、必要な場合はアクセス権を取り消すことも可能。

Azure Information Protectionのポイント

  • ソースやコンテキストなどからデータを分類、ラベル付け
  • 暗号化して分類情報や保護情報を埋込可能
  • アクセスできるユーザーや操作権限を定義、必要に応じてアクセス権を削除

Azure Information Protectionの製品解説

 日本マイクロソフトの「Azure Information Protection」は、簡単な分類から埋め込まれたラベルやアクセス許可まで、保管先がどこでも共有相手がだれでも保護状態を保ち続けるセキュリティサービスだ。単体でも利用できるが、「Enterprise Mobility + Security」や「Secure Productive Enterprise」としても利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 1クリックのプロセスで従業員の通常業務を中断することなく保護を簡単に適用できるほか、共有データの状況が確認できる詳細な追跡とレポート作成機能でデータをより細かく管理することが可能だ。

 データのソースやコンテキスト、コンテンツをベースにデータの作成時や変更時にデータを分類、ラベル付けする。自動化もできるし、手作業でもできる。

 機密データは暗号化され、必要に応じて使用権限を定義する。誰がデータにアクセスできるか、閲覧や編集はできるが印刷や転送は禁止など、どう処理できるかを定義する。

 データには分類情報と保護情報が埋め込まれる。保管先がどこでもデータを共有する相手が誰でも保護状態が保たれるようにする。社内外で安全にデータを共有できるようにする。

 共有されるデータの履歴を追跡し、必要な場合はアクセス権を取り消すこともできる。IT部門は、ロギングやレポーティングなどの機能を利用して、データを監視、分析できる。

 無料版のほかに有償版の「Premium P1」と「Premium P2」が用意されている。Premium P1では、共有ドキュメントの追跡と無効化、手動で文書を分類、ラベル付けできるようにするなどの機能が利用できる。Premium P2では、Premium P1の機能に加えて分類とラベル付けの自動化などの機能が利用できる。

Azure Information Protectionのまとめ
用途と機能社外で共有されるデータを管理するデータ保護サービス
特徴暗号化して、必要に応じて使用権限を定義する。誰がデータにアクセスできるか、閲覧や編集はできるが印刷や転送は禁止など、どう処理できるかを定義。共有されるデータの履歴を追跡し、必要な場合はアクセス権を取り消すこともできる
税別価格1ユーザーあたり月額
Premium P1:220円
Premium P2:550円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?
  4. 【成功事例】保存データ最大99%削の快挙、バックアップ5分!大量のPCを運用自動化、負担大幅減
  5. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]