帳票管理 ユニリタ

BSP-RM:OSやアプリケーションに依存しない帳票管理システム--出力媒体も選択

帳票管理システム「BSP-RM」は、メインフレームのスプールデータからオープン環境を含むプラットフォームで生成された各種帳票を管理、制御する。特定のOSやアプリケーションに依存せず、出力媒体も選べる。

BSP-RMのポイント

  • 特定のOSやアプリケーションに依存せず
  • さまざまなフォーマットに対応できる出力媒体
  • 混在環境でもコードを自動で変換

BSP-RMの製品解説

 ユニリタの「BSP-RM」は、メインフレームのスプールデータからオープン環境を含むプラットフォームで生成された各種帳票を管理、制御する。特定のアプリケーションに依存しない。

編集部おすすめの関連記事

 CSVやプレインテキスト、統合基幹業務システム(ERP)パッケージ独自など各形式に対応。文字コード体系もEBCDICやEUC、Shift-JIS(S-JIS)に加えUnicodeにも対応。出力媒体はファクスやPDF、電子帳票、ウェブなどに対応する。

 基幹業務システムの稼働プラットフォームがメインフレームやオープン環境が混在しても、コード変換や帳票特有の制御コードを自動的に変換する機能を提供。稼働プラットフォームはUNIX、Linux、WindowsなどOSに左右されない柔軟なインフラ構築を支援することができる。

 出力方法は、帳票ごとに管理された仕分け条件やマージ条件で決めることができる。一つの帳票を宛先ごとに複数のプリンタに分散出力したり、電子化できたりする。同じ宛先に対して複数の異なる帳票をマージして出力することもできる。

 仕分けされた帳票や宛先ごとにログを取る。分散環境に出力、配信された帳票データの実績を集計したり、課金リストを作成できたりする。帳票が作成されて利用者に届けられるまでの経路を追跡することでセキュリティや内部統制、個人情報保護に活用できる監査情報を取得できる。

BSP-RMのまとめ
用途と機能マルチプラットフォームに対応した帳票管理システム
特徴特定のアプリケーションに依存しない。メインフレームやオープン系が混在しても、コード変換や帳票特有の制御コードを自動的に変換。出力方法は、帳票ごとに管理された仕分け条件やマージ条件で決めることができる

「帳票管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]