アクセス管理 SSO 日本マイクロソフト

Azure Active Directory:クラウドにもSSOできるID管理--オンプレミスと自動同期

ディレクトリやIDを管理するクラウドサービス「Azure Active Directory」は、各種端末からクラウドのアプリケーションにSSOでアクセスできるようになる。オンプレミスのディレクトリサービスと自動的に同期する。

Azure Active Directoryのポイント

  • オンプレミスのActive Directoryなどを拡張、自動的に同期
  • 多要素認証で承認されていないデータへのアクセスを制限可能
  • SAML 2.0やWS-Federation、OpenIDなどにも対応

Azure Active Directoryの製品解説

 日本マイクロソフトの「Azure Active Directory(AD)」は、マルチテナントに対応したクラウドベースのディレクトリとIDの管理サービス。ユーザーとグループを管理するための堅牢な一連の機能が用意されており、オンプレミスとクラウドのアプリケーションへの安全なアクセスを支援する。Free、Basic、Premiumの3つのエディションがある。

編集部おすすめの関連記事

 WindowsやMac、Android、iOSのデバイスからクラウドのアプリケーションにシングルサインオン(SSO)でアクセスできるようになる。所属企業の資格情報を使用して、カスタマイズされたウェブベースのアクセスパネルやモバイルアプリから起動できる。

 オンプレミスのActive Directoryや他社製ディレクトリサービスをAzure ADに拡張して、クラウドベースのアプリケーションにSSOでアクセスできる。ユーザー属性は、オンプレミスのディレクトリサービスからクラウドに自動的に同期される。

 多要素認証サービス「Azure Mutli-Factor Authentication」と併用することで認証レベルを上げることも可能。承認されていないデータへのアクセスやアプリケーションへの接続を抑制。潜在的な脅威を軽減する。また、パスワードリセットなどの重要なタスクをユーザーに任せることができるため、柔軟性の高いグループ管理を実現できる。

 Security Assertion Markup Language(SAML)2.0やWS-Federation、OpenID Connectなど業界標準のプロトコルに対応しており、.NETやJava、Node.js、PHPなどのプラットフォームでのSSOが可能。OAuth 2.0にも対応していることから、ウェブAPIと連携するモバイルアプリやウェブアプリケーションを構築でき、高度なセキュリティで保護された独自のウェブAPI を構築することもできる。

 Basicは、クラウドアプリケーションアクセスやセルフサービス型のID管理が利用可能。グループベースのアクセス管理、セルフサービスでのパスワードリセット、Azure ADを使ってオンプレミスのウェブアプリケーションを発行するモジュール「アプリケーションプロキシ」が利用できる。

 Premium P1は、セルフサービス型のIDアクセス管理(IAM)などに対応。オンプレミスのIAMスイート「Microsoft Identity Manager」が含まれており、オンプレミスでのセルフサービスでのパスワードリセットが可能。

Premium P2は、P1の全機能に加え、社内の機密データにリスクベースで条件付きアクセスできる「Azure Active Directory Identity Protection」、特権アカウントを管理、保護する「Azure Active Directory Privileged Identity Management」が含まれる。

Azure Active Directoryのまとめ
用途と機能クラウドベースのディレクトリとIDの管理サービス
特徴デバイスからクラウドのアプリケーションにSSOでアクセスできるようになる。ユーザー属性は、オンプレミスのディレクトリサービスからクラウドに自動的に同期される
税別価格1ユーザーあたり月額(年間契約が前提)
Basic:112円
Premium P1:672円
Premium P2:1008円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]