コンバージド・ハイパーコンバージド

コンバージドシステムのDatrium、日本市場参入--CPU付近でフラッシュをキャッシュ

コンバージドインフラ製品「Datrium DVX」を開発する米Datriumが日本市場に本格参入する。「伝統的なエンタープライズストレージはまもなく終了し、HCIと呼ばれるエンタープライズサーバやハイパースケールサーバが主流になる」という。

 米Datriumは1月に日本法人を設立。日本法人のデイトリアムジャパンは2月14日、日本市場での事業展開を開始した。DatriumはI/O高速化ソフトウェアを主力製品としてハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)を支援してきたが、日本法人設立に伴い、コンバージドインフラ製品「Datrium DVX」を日本市場に投入する。

「SANやNAS+DASといった伝統的なストレージはまもなく終了」

 DatriumはData Domain(当時のEMCが買収)の創業者やオリジナルの最高技術責任者(CTO)グループと、VMwareのプリシンパルエンジニアがともに創業した企業として、北米を中心に展開してきた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2122文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  5. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan