セキュリティ

消費者のセキュリティ意識は利便性を上回る--IBM Security調査で分かった新動向

IBM Securityが世界の一部地域の成人4000人を対象に新たな調査を実施した。それによると、消費者はセキュリティを利便性の上位に位置付けていることが分かった。

 IBM Securityが世界の一部地域の成人4000人を対象に新たな調査を実施した。それによると、現在において消費者は、セキュリティを利便性の上位に位置付けていることが分かった。企業ユーザーと消費者が、利便性よりもセキュリティを求めている現状が初めて浮き彫りになった。米TechRepublicは、IBM Securityでエグゼクティブセキュリティアドバイザーを務めるLimor Kessem氏にインタビューし、こうした新しい潮流について話を聞いた。

 Limor Kessem氏のインタビュー映像(英語)

 Kessem氏によると、「われわれはともすると、ユーザーエクスペリエンスにどう影響するかではなく、使いやすさを話題にする。ところが、自分が持つ金融関連の口座のこととなると(中略)ユーザーは実際に煩わしさが増してでも、さらなるセキュリティを採用することが明らかになった」という。パスワードのほかにSMSメッセージを使う2要素認証を採用するのか、特別な保護のためにその他の手順を追加するのか。いずれにしても、ユーザーはその使用を望んでいる。実際、回答者の約74%が、そういった口座については、特別なセキュリティ手段を使うだろうと答えている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. なぜ貴社にはまだオンプレミスが残っているのか?ビジネス全体をクラウドへ安全に移行するための7つのカギ
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. アプリ管理、デバイス管理、セキュリティ対策……忙しすぎる情シス向け「これだけはやっとけ」リスト
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]