コラボレーション

MS「SharePoint」使い方のヒント--企業のチームコラボレーションに役立つ5つの特徴

多くの企業にとって、イノベーションの原動力となるのは、チームのコラボレーションである。本記事ではそれを支援する「Microsoft SharePoint」の5つの主な機能について解説する。

 多くの企業にとって、イノベーションを動かす原動力となるのは、チームのコラボレーションだ。異なる視点や多様な経験を組み合わせることで、コラボレーションは新しい製品や新しいサービス、そして売上高や利益の拡大を促進する新しい方法を生み出す可能性がある。それに加えて、協力やコラボレーションは従業員の生産性に刺激を与える力にもなり得る。一般に、これは関係者全員に利益をもたらすものだ。

 しかし、効果的で効率的なコラボレーションには、共通の目標に向かって共同で作業することを容易かつ効果的にするツールやプラットフォーム、システムの導入が必要だ。「Microsoft Office 365」はこの数年間にわたって再設計が施され、クラウドコンピューティングを全てのアプリケーションに取り入れることによって、チームコラボレーションが強調されるようになった。おそらく、この理念を最も端的に示すアプリケーションは「Microsoft SharePoint」だろう。

コラボレーションを簡単に実現

 Microsoft SharePoint(特にOffice 365の一部として導入した場合)は、複数のチームが集まって共同で作業し、タスクを完了できる仮想ワークスペースを作り出す。SharePointが企業内で成功した重要な要因は、あらゆる従業員がSharePointインスタンスを作成して維持し、どのチームメンバーに参加を認めるのかを指定できることだ。忙しい企業のIT部門の手を煩わせる必要はない。

 現代的な企業環境におけるSharePointのメリットのいくつかを分かりやすく説明するため、本記事では同アプリケーションがチームのコラボレーションに役立つ5つの方法を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2580文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]