MDM 日本マイクロソフト

Microsoft Intune:社給と個人私物の両方に対応するMDM--MAMの機能も搭載

MDMツール「Microsoft Intune」は、会社支給と従業員の私物、両方の形態に対応する。エンドユーザーが自ら管理対象デバイスとして登録できる。モバイルアプリ管理(MAM)の機能も提供される。

Microsoft Intuneのポイント

  • セルフサービスでデバイスを登録、データを消去
  • セキュリティポリシーにあわないデバイスはアクセスを制限
  • ExchangeやSharePointなどに条件付きでアクセス可能

Microsoft Intuneの製品解説

 日本マイクロソフトの「Microsoft Intune」は、WindowsやmacOSといったPCのほかにiOSやAndroidのモバイルデバイスを管理するクラウドベースのモバイルデバイス管理(MDM)ツール。会社支給と従業員の私物、両方の形態に対応する。

編集部おすすめの関連記事

 エンドユーザーが希望するタイミングで、活用するデバイスにIntuneアプリをダウンロードして会社の管理対象デバイスとして登録できる。登録されたデバイスは会社のセキュリティポリシーで管理され、会社内のアプリケーションやサービスにアクセスできる。

 登録されていないデバイスやセキュリティ要件を満たしていないデバイスからのアクセスには、セキュリティポリシーに従って制限できる。デバイスを紛失したり盗難されたりした場合には、エンドユーザーが自ら、アプリケーションやデータを消去できる。

 モバイルアプリ管理(MAM)の機能も搭載する。モバイルデバイス内部に業務専用領域を作成して、電話帳などの個人領域と分けて管理する。

 コピー&ペーストやアプリでの受け渡しなど、お互いの領域へのデータの持ち出しは制限される。会社が配信するアプリで使用したOfficeやPDFのファイルなどは持ち出せない。Intune専用ブラウザは、安全なコンテンツを表示、特定のURLへのアクセスは制限される。特定のアプリの使用も制限できる。

 Officeファイルを崩れることなく閲覧できるとともに編集もできる。ExchangeやSharePoint、Skype for Businessに条件付きでアクセス可能。個々のIDに基づいたセキュリティポリシーを適用することで複数のIDも扱える。

Microsoft Intuneのまとめ
用途と機能MAMの機能も利用できる、クラウドベースのMDMツール
特徴エンドユーザーがセルフサービスでデバイスを登録、リモートでデータを消去。会社支給と従業員の私物、両方の形態に対応。Officeファイルを崩れることなく閲覧できるとともに編集
参考価格1ユーザーあたり月額650円

「MDM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]