運用 エンカレッジ・テクノロジ

ESS AutoQuality:システム操作のリハーサルを手順書にできるソフトウェア

「ESS AutoQuality」は、リハーサル環境でリリース手順を実行して正しいリリース作業手順を確立して操作内容を記録して手順書にまとめられる。実行された作業の実行結果を取り込み、事前に設定されている期待結果と比較できる。

ESS AutoQualityのポイント

  • リハーサル結果を手順書化、作業内容を記録して取り込む
  • 手順書は“実行できる手順書”として活用、読み間違えを防止
  • 操作をブラックボックス化せずに標準化することが可能

ESS AutoQualityの製品解説

 エンカレッジ・テクノロジの「ESS AutoQuality(EAQ)」は、変更やリリースなどのシステム操作で作業手順書の作成から作業の実行、作業記録の保存、結果の確認までの一連のプロセスを支援するソフトウェア。従来の手順書の課題を克服し、完全な自動化の問題点を排除した、新しい手順書コンセプト「Active RunBook」をベースにしている。

編集部おすすめの関連記事

 リハーサル環境でリリース手順を実行して正しいリリース作業手順を確立して操作内容を記録。実行可能な手順をそのまま取り込むActive RunBookで操作をブラックボックス化せずに標準化できる。

 実態と乖離しない、常に最新の状態の手順書を維持し属人的な業務遂行から脱却、システム操作における精確性と効率性を向上させ、あらゆるトラブルを排除する。

 作成する手順書は、UNIX/Linuxサーバへの接続とコマンド投入、コマンドプロンプトへのコマンド投入、WindowsのGUI操作内容や非システム的な作業、確認作業を指示するチェックリストで構成される。

EAQはコマンド操作とチェックリストで手順を網羅する(出典:エンカレッジ・テクノロジ)
コマンド操作とチェックリストで手順を網羅する(出典:エンカレッジ・テクノロジ)

 検証環境でのコマンド操作など作業内容を記録し、手順書として取り込める。実際の操作内容をそのまま手順書に利用できることから、記述の誤りを防止。管理者による正確なチェックが可能になり、手順の不備や考慮不足も排除できるという。

 作成される手順書は“実行できる手順書”として活用される。従来の手順書でありがちな、読み間違えによる操作ミスなどをコマンドの自動投入などで防止できる。

 実行されたコマンドの実行結果を取り込み、事前に設定されている期待結果と比較できる。作業の成否の判断となる「Successfully Installed」などの文字列を検索条件に設定しておくと、対象文字列をハイライトで表示。実行結果を確実に確認できる。

 冗長化構成など、同一の役割を複数のサーバで構成されるシステムへの変更作業は、IPアドレスなど個々のサーバ情報は異なるが、ほぼ同一の作業を繰り返す必要がある。EAQでは、環境固有値を設定することで環境に応じて実行時に投入する値を変更できるため、一種類の手順書で冗長化された複数サーバへの作業を支援する。

 作業の実行内容は全て手順書内に記録、保存されるため、作業の内容の成否、予定外作業の有無、妥当性などを効率的にチェックできる。作成された手順書は、Wordに出力可能。文書レイアウトを自由に変更できることから、企業内で規定されている文書管理基準に基づいて作業の記録を保管、管理できる。

ESS AutoQualityのまとめ
用途と機能システム操作で作業手順書の作成から作業の実行、作業記録の保存、結果の確認までの一連のプロセスを支援
特徴実行可能な手順をそのまま取り込むActive RunBookにより、操作をブラックボックス化せずに標準化することが可能。実行されたコマンドの実行結果を取り込み、事前に設定されている期待結果と比較。実行内容は全て手順書内に記録、保存されるため、作業の内容の成否、予定外作業の有無、妥当性などを効率的にチェック

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  2. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  3. なぜ貴社にはまだオンプレミスが残っているのか?ビジネス全体をクラウドへ安全に移行するための7つのカギ
  4. アプリ管理、デバイス管理、セキュリティ対策……忙しすぎる情シス向け「これだけはやっとけ」リスト
  5. BIOSに潜む脆弱性が脅威に! サーバーのセキュリティ要件を整理せよ

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]