マーケティング

b→dash:データ管理やプロモーション、分析などをそろえたマーケティング基盤

「b→dash」は、マーケティングに必要なデータの管理や分析、プロモーションなどをまとめたマーケティングプラットフォームだ。大手企業からベンチャーまで、業種業界を問わず利用できる。

b→dashのポイント

  • 基幹システム全てを統合しデータセットを作成
  • LINEやモバイルアプリなどのクロスチャネルで顧客ごとにコミュニケーション
  • 収益ベースでのチャネル投資を判断

b→dashの製品解説

 フロムスクラッチの「b→dash」は、マーケティングに必要なデータマネジメント、プロモーション、アナリティクスの機能をまとめて利用できるマーケティング基盤。

編集部おすすめの関連記事

 ウェブアクセスやモバイルアプリ、広告、店舗、自社の基幹システム全てを統合しマーケティングに活用できるデータセットを作成。施策や分析にデータをすぐに役立てることができる。また、LINEやモバイルアプリ、広告、メールのクロスチャネルでワントゥワンコミュニケーションも可能だ。また、CPAをもとに投資チャネルを決めるのではなく、収益ベースでのチャネル投資を判断できる。

 通常、工数をかけなければ見れないRFM分析やCPM分析を毎日みて定点観測したり、見たい指標を簡単にカスタマイズしたりできるほか、プロフェッショナルによるサポートや人工知能の活用なども可能となっており、あらゆる角度からマーケティングを支援する。

 データマネジメントの計測では、タグをウェブサイトに挿入することでブラウザ上の行動データを取得できる。ソフトウェア開発キット(SDI)を導入することでモバイルアプリでの行動データを取得できる。ほかの計測ツールと連携することで行動データを一元管理することも可能だ。

 企業が保有するビジネスデータと連携可能。オフラインのデータを活用したセグメントの作成や効果を検証できる。ウェブサイトでのアクセスログや販促データ、ビジネスデータを統合して活用できる形でデータを格納する。

 オンラインとオフラインのデータを各IDでデータ統合することでメールやLINEなどを横断したキャンペーン施策へのセグメントに活用可能。属性や行動をもとにユーザーの一人ひとりにスコアを付けられる。スコア値からユーザーがどのステージにいるのかを判定して、ユーザーの状況にあわせて適切なコミュニケーションを取れるようになる。

 蓄積されたユーザーデータを活用して、利用頻度や購入金額などの行動履歴に基づいてセグメントを作成、セグメント間で比較することもできる。ユーザーごとの属性情報、メールや閲覧、LINEなどの接触履歴、スコアを把握できる。

 プロモーションでは、属性や行動に応じてユーザーを分類して、分類に応じたセグメントに対して、プッシュ通知を配信可能。ユーザーの離脱ポイントを見出して適切なタイミングでクーポンやキャンペーンを告知する。プロモーション関連施策では、複数のメールやLINEでのコンテンツを試験配信して、効果の高い施策を見つけられる。

 指定したセグメントに合致したユーザーを広告ネットワークと連動させて、対象となるユーザーに向けて広告を配信する。メールを見た、LINEを送った、ウェブでのクーポンを見たなどの施策結果と属性情報、行動情報でも分類できる。

 最適なアルゴリズムを選択してコンテンツのレコメンドやメールでの商品のレコメンドを挿入できる。ユーザーごとに個別最適化されたメールやLINE、クーポンなどを適切なタイミングで配信できる。

 アナリティクスでは、導線や離脱を分析できる。モバイルアプリやウェブサイトでの状況を分析することでパフォーマンスを測定したり、問題点を特定したりできる。

 メールやLINE、広告、自然検索などどこのチャネルから流入してきたのかを判定して、効果的な流入経路を検証できる。ユーザーごとのアクセス状況や接触履歴を管理、検証可能。IPアドレスから企業情報を特定することもできる。ユーザーの離脱ポイントも可視化可能。要因を特定して、改善することで継続率を向上させられる。

b→dashのまとめ
用途と機能データマネジメント、プロモーション、アナリティクスの機能をまとめて利用できるマーケティング基盤
特徴ウェブアクセスやモバイルアプリ、広告、店舗、自社の基幹システム全てを統合しマーケティングに活用できるデータセットを作成。LINEやモバイルアプリ、広告、メールのクロスチャネルでワントゥワンコミュニケーションも可能

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]