勤怠管理・労務管理 人材管理 グループウェア イノベーション

“働き方改革”はITが必要--追加導入するも活用できているのは3割

働き方改革にITシステムが必要だと考えている人は多いものの、企業としてITシステムを追加導入するには至っておらず、導入しても上手く活用できない実情がある――。イノベーションが調査した。

 「“働き方改革”の促進にITシステムの導入が必要か」という問いに対して66.5%が「必要」と回答。イノベーションが2月7日に発表した、働き方改革とITシステムに関する意識調査で明らかになっている。

 社内で働き方改革が進められていると回答した中で「ITシステムを追加で導入した」と回答した割合は37.6%。導入後活用できている割合は30.3%にとどまっている。追加でITシステムを導入していない理由としては「すでにITシステムがあり十分」という一方で「予算がない」「経営層が必要を感じていない」という回答もあったとしている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  5. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan