コラボレーション

マイクロソフト「SharePoint」入門--従業員の共同作業を効率化

多くの場合に、企業のイノベーションを成功させる鍵となるのが従業員同士のコラボレーションである。本記事では、それを実現し、効率化するツールである「Microsoft SharePoint」の概要について解説する。

 デジタル時代において、現代の企業の職場環境は動的で多様性に満ちており、そうした環境がモバイル対応のコミュニケーションツールやデバイスに依存していることは、注目に値する。多くの場合、企業の職員たちは、さまざまな部署や建物、時にはさまざまな国にまで散らばっていることがあるが、何とかして仕事を遂行し、共同で作業を進める方法を見つけなければならない。こうしたさまざまな境界をまたいでの協力や共同作業が成功への鍵であるため、企業はそれを可能にするツール群を供給する必要がある。

 全社的なコミュニケーションとコラボレーションに使用される最も一般的なツールの1つが「Microsoft SharePoint」だ。今回の入門記事では、SharePointとはどんなものなのか、なぜ自社で役立つ可能性があるのか、どうすれば入手できるのか、といったことを解説する。さらに、SharePointの競合製品や、SharePointの導入前に注意すべき潜在的な問題についても説明する。

どんなものなのか

 「Office 365」の基本コンポーネントであるSharePointは、Microsoftのエンタープライズドキュメント管理機能とコラボレーション機能をまとめた基本的なツールだ。そのコンセプトは明快で、具体的には、企業内のワーキンググループがSharePointフォルダを作成すると、そこであらゆる種類のドキュメントを作成、編集、および共有できるようになる。重要なポイントは、そのフォルダのドキュメントにアクセスできるのが、グループ内の権限を与えられたメンバーだけであり、企業内のほかのユーザーはアクセスできない、という点だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4733文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]