クラウドサービス コラボレーション

「G Suite」の賢い選び方--自社に最適なエディションを知る

「G Suite」にはさまざまなエディションがあり、どれを自社向けに選べばよいか悩むところだ。ここでは、これらのエディションの違いを解説する。

 「G Suite」のさまざまなエディションはどれもGoogleのコラボレーションツール群に管理機能を追加する。もちろん、「Google Docs」や「Sheets」「Slides」「Keep」は、リアルタイムで共同作業を実行する機能をユーザーに提供する。G Suiteは管理コンソールを提供し、スーパー管理者が組織のためにアカウントの作成や設定を管理することを可能にする。

 G Suiteは複数のエディションを提供する。具体的には、「Basic」「Business」「Enterprise」「Teams」のほか、特定のセクター(例えば、非営利組織や政府機関、教育機関など)向けのエディションも存在する。本記事では、これらのエディションについて、いくつかの重要な違いを解説するほか、G Suite担当プロダクトマーケティングリードのAndrew Stillman氏が提供してくれた補足的な洞察も紹介する。

G Suite for Teams

 G Suite for Teamsでは、ユーザーは既に導入済みの電子メールおよびカレンダーソリューションと一緒に、G Suiteの中核的なコラボレーション機能も利用できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2121文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]