帳票管理 ユニリタ

XRF:XML対応の帳票システム--Unicode対応、独自形式で印刷制御情報指定可能

帳票システム「XRF」は、XMLからもデータを取り込める。文字コードはUnicodeをサポート。独自形式のXRFファイルでは、給紙トレイや両眼などの印刷制御情報を指定できる。

XRFのポイント

  • XMLにも対応、10万ページ以上の生成や印刷に対応
  • Unicodeをサポート、中国語や韓国語も印字
  • 独自形式のXRFで画面を開かずに印刷、帳票データをXMLで抽出可能

XRFの製品解説

 ユニリタの「XRF」は、XMLに対応した帳票システム。帳票を定義し、設計、開発する「XRF Designar」と、帳票の出力方法にあわせて生成、変換する「XRF Composer」、利用する帳票を閲覧、印刷する「XRF Reader」の3つで構成される。出力される帳票はXRF Readerで利用できる、独自の「XRF」形式とAdobe Readerで利用されるPDF形式が選択できる。

編集部おすすめの関連記事

 XRF Designarは、メインフレームでの利用も想定して10万ページ以上の大量生成や印刷に対応する。一覧形式や明細のある帳票の場合、データ量に応じて明細行が動的に加減される。プロットグラフや散布図、棒グラフ、エリアグラフ、円グラフ、レーダーチャートなどのグラフはオプションなしで作成する。郵政カスタマバーコードやQRコードなども印刷できる。

 XRF Composerは対応文字コードとしてUnicodeをサポート、中国語や韓国語も印字できる。XMLやCSV、固定長、テキストといったファイルを取り込める。リレーショナルデータベースはOracle DatabaseやSQL Server、IBM DB2に対応する。

 独自形式のXRFファイルに生成する時には、給紙トレイや両面、オフセット、カラー切り替え、用紙サイズなどの印刷制御情報を指定可能、配信先での印刷方法も制御できる。

 XRF Readerは、XRFファイル生成時に“直接印刷”が指定されている場合、XRFファイルを開くと画面を表示せずに即座に印刷できる。複数のフィールドを組み合わせて検索できる。データ入力可能フィールドに対してXRF Readerでデータを編集できる。2次加工用に帳票データをXML形式で抽出できる。

XRF Composerによるデータの変換・生成(出典:ユニリタ)
XRF Composerによるデータの変換・生成(出典:ユニリタ)
XRFのまとめ
用途と機能XMLにも対応する帳票システム
特徴オプションなしでグラフにも対応。10万ページ以上の生成や印刷に対応する。Unicodeをサポート。独自形式のファイルでは画面を開かずに印刷できる

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]