開発ツール

開発者が次に学ぼうとしているプログラミング言語10選

企業では今でも「JavaScript」や「Java」、「Python」といった言語が人気だが、開発者は未来のプロジェクトを視野に、大手テクノロジ企業が開発した言語に注目している。

 HackerRankが新たに発表したレポートによると、開発者が古いプログラミング言語を敬遠し、大手テクノロジ企業が開発した言語に注目する中、プログラミング言語の競争が激しくなってきているという。

 同レポートでは、「JavaScript」や「Java」、「Python」「C++」「C」といった言語は、今でも業界を問わずさまざまな企業が求めていると指摘。「新たな言語が頻繁に登場してはいるが、開発者にとって最も重要なのは、コアとなるレガシーな言語を習得しておくことだ」としている。

 ただし、Coding Dojoの新レポートによると、ひとつのプログラミング言語を習得しただけでは、キャリアの選択肢がかなり制限されるという。Fortune 500企業のトップ25社の中で、製品やサービスに1言語のみで対応している企業は存在せず、平均して4つの異なる言語が使われていると同レポートには書かれている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約718文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 企業の8割以上が“紙+手作業”で請求書を発送している実態が明らかに!効率化のアプローチを知る
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]