ソフトウェア オフィスソフト

オープンソースのオフィススイート「LibreOffice 6.0」--UIやファイル互換性を改良

Document Foundationは米国時間1月30日、人気の高いオープンソースオフィススイートの最新版「LibreOffice 6.0」をリリースした。

 Document Foundationは米国時間1月30日、人気の高いオープンソースオフィススイートの最新版「LibreOffice 6.0」をリリースした。同プロジェクトは、「LibreOffice 3.3」の発表以来、約6カ月間隔でリリースを続けてきたが、6.0は大幅な改良が加わったほか、コードの内部的なリファクタリングによって今後の新機能の開発を容易にする。

 言語が進化すると、往々にして、新しいアイデアを説明するために新しい単語が作られるようになる。新しい概念が次々と考案されているIT分野ではなおさらだ。IT関連の新語には「crowdfund」「middleware」といった合成語があるが、従来のオフィススイートは、スペルチェックという目的から、これらを誤りと判断する。そこで、LibreOfficeが取り入れたのが「Grammar By」機能だ。この機能により、新しい単語を、他の単語とともに同じ形式で自動認識できるようになる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2088文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]