コミュニケーション

ビジネスチャットツールを選ぶ--「Slack」以外の選択肢

「Slack」の提供が開始されて以来、リアルタイムのワークプレイスコミュニケーションツールの人気は高まる一方だ。組織やプロジェクト、予算の要件は企業ごとに異なるので、増え続けるSlackの競合製品を検討するのは賢明なことだ。

 2013年8月に「Slack」の提供が開始されて以来、リアルタイムのワークプレイスコミュニケーションツールの人気は高まる一方であり、さまざまなタスクを処理する手段として部分的に電子メールに取って代わった。だが、組織やプロジェクト、予算の要件も絡んでくるので、増え続けるSlackの競合製品を検討するのは賢明なことだ。

 「Office 365」のサブスクリプションを既に利用している組織の場合、「Microsoft Teams」の方がより理にかなった選択肢かもしれない。TeamsはMicrosoftの製品なので、当然、「Office」や「OneDrive」とより強固に統合されている。Teamsは、米国内の固定電話や携帯電話に電話をかける機能をネイティブでサポートする唯一のコミュニケーションツールでもある。この機能は、「Skype for Business」から受け継がれたものだ(TeamsはSkype for Businessをベースとしている)。Office 365の高額なサブスクリプション料金を既に払っているのなら、Teamsをほかの選択肢より優先的に検討する価値はあるかもしれない。なぜなら、そうした組織はTeamsの利用料金も既に支払っているからだ。この機能はローンチ時には提供されていなかったが、Teamsは、組織のOffice 365サブスクリプションの対象外のコンサルタントやフリーランサー、契約者などがその組織内のスタッフと共同作業することを可能にするゲストアクセスを既に実装済みだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約982文字 ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]